キャラ弁。元々は好き嫌いを克服させるためのママの愛情のカタチ。

可愛い我が子のために、今キャラ弁というものが定着しつつあるようですね。元々は好き嫌いを克服させるために、ママが頭を悩ませ、辿り着いたものだといいますよ。アンパンマンやトトロ、ポケモンのキャラ…有名どころだとピカチュウでしょうか、今だったらポニョだったりハロウィンのシーズンですからハロウィンに向けたキャラ弁なんて良いかもしれません。
子供が大好きなキャラクター達。それをお弁当に描けば、好き嫌いもなくなるし可愛いし、子供も喜ぶ。そんなキャラ弁、作り方ってどうなっているの?と思ったりしませんか?自分で見よう見真似でやってみようとしても結構難しいのがキャラ弁の作り方なんですよね。
世の中には、アンパンマン・ポケモンのピカチュウ・トトロ・ポニョ、沢山のキャラクターが溢れているし、シーズンということも意識してハロウィン用のものだって作ってみたい。なのに、うまく出来ない。そんなキャラ弁の作り方について、今回は色々お話しましょうか。
キャラ弁のキャラやシーズンごとのイベントを織り込んだもの、これは子供達がとても喜ぶものです。子供ってまず目で食べるんですよね。「これきらーい」なんて言ってたものも、キャラ弁となれば違います。どうしてなんでしょうね?わくわくさと嬉しい気持ち、楽しい気持ち、そういうものが子供は大人よりずっと素直に出ちゃうからかもしれませんね。

キャラ弁づくりに役立つお役立ちグッズなどはこちら>>

他にも気になる商品情報を検索してみよう!
※商品一発キャッチャー:見つかるZOU 検索窓

[ナイスな情報]

キャラ弁の作り方を知るにはネットでレシピを探すのが手っ取り早いですね。キャラ弁用型抜きグッズも便利ですよ。

そう考えると、尚更キャラ弁を作ってみたくなるものです。子供は大人より素直に出来ているからこそ、大人も子供に与えてあげたいと思う。親だったら、親だからこそ、尚更そう強く思うのかもしれません。じゃあキャラ弁を作ってみようと思い立つ。そんな時あなたはどうしますか?そう、キャラ弁の作り方のレシピを探しますよね。アンパンマンもポケモンのピカチュウも、トトロも、ポニョもキャラ弁の作り方の載っているレシピを見れば大丈夫。季節ごとのイベント弁当もキャラ弁の作り方のレシピには当然載っていますから、ハロウィンやイースターなどの季節イベントもOK。
今では、キャラ弁の作り方の本も沢山出ていますし、ネット上にキャラ弁の作り方のレシピを載せている人も大勢います。どれを選ぶのかはあなた次第。あなたがお子さんに作ってあげたいものが多ければ、キャラ弁の作り方の本を買うのも良いかもしれませんね。
そして今は、キャラ弁用にグッズなんていうのも出ているんですよ。何のグッズか?それはキャラ弁を作る際、キャラクターの顔のパーツなどを切り取ったりしますよね。それがとても簡単に出来ちゃう型抜きグッズなどです。キャラクター別に出ていたりもするので、こういうグッズがあると便利。キャラ弁の作り方に是非、こういう便利なグッズは取り入れたいものです。ハムで顔を作ったり、海苔やグリンピースなどで表情を作ったり、案外作る方もハマってしまうのがキャラ弁だったりします。面白いんですよね。昔凝った工作のような感覚に似ているからなのかも?どれだけリアルに作れるかが勝負どころ。レシピ通りに最初はいかなくても、研究を重ねていけばいくほど上手になっていきますよ。



かわいいキャラクターお弁当箱のいろいろはこちら>>

子供の好きなアンパンマンやトトロ、ポケモン、ピカチュウ、ポニョなどで作ったお弁当。

キャラ弁というものは独りよがりだ、なんていう方もいますが、どうでしょう?
子供のことをよく考えてみると、キャラ弁を作るということは、決して悪いことではないのではないでしょうか。子供は味よりもまず見た目を重視します。嫌いなものだってキャラ弁になれば食べられちゃう、というのが子供です。むりやり「好き嫌いは良くない!食べなさい!」とやる方が、子供は嫌がります。むしろトラウマのようになってしまうんですよ。
だったら食べやすい方法を、となっていくのはごく自然の流れですよね。それが子供の好きなアンパンマンやトトロ、ポケモンのピカチュウ、ポニョなどのキャラクターだったらどうだろう?ハロウィンなどのイベントで、可愛くかぼちゃお化けを作ったらどうだろう?
子供のことを考えてゆくと、こういう風に流れていくのはおかしくないことだと思うんですね。子供を持つ親として、愛情はいかなる時でも注ぎたい。だから好き嫌いだってなくさせたいし、よく食べる子に育って欲しい。そして何より、子供の嬉しがる姿、親はそれが見たいし感じていたいんです。キャラ弁はその全てを兼ね備えていますよね。子供がお弁当箱をあけた時、どう感じるだろう?と思うだけで心躍ります。空の弁当箱が返ってきた時、安堵もするんです。そして子供の言う感想がまた力になっていく。いつの時代も親ってそうですよね。このキャラ弁は、その想いが進化したものと捉えてもいいのではないでしょうか。
勿論、作りがいがあるという点では、親にもメリットがあります。作る方も、次は、なんてハマってしまうのもわかりますよね。でも味気なく作るより、断然良いじゃないですか。子供のことを想いながら気持ちを込められるだけ込める。それがキャラ弁の形なのではないでしょうか。あなたはキャラ弁を作っていますか?まだ未経験という方は一度試してみてください。
子供はいつもと違った反応を示すはずです。新しい親の愛情の形、キャラ弁というものに触れて、あなたのお子さんはどんな反応を示すんでしょうね?今から楽しみですね。

キャラクターや素材、タイプなどでお弁当箱を探すならここが便利>>

Yahoo!<<<|Copyright © 2008 cookingたろぞう